掛かりつけの歯科医院を作ろう

掛かりつけの歯科医院を作ろう

掛かりつけの歯科医院を作ろう

歯科医院とは、歯がグラグラしたり、痛くなった時に慌てて駆け込む場所ではありません。
丁寧に歯磨きをしていても、どうしても歯の隙間に汚れが残っていたり、歯石が付着してしまいます。
それらを定期検診でキレイに洗浄してもらい事で、歯の健康を保つ事が出来るのです。

 

また定期検診に通っていれば、
初期の段階で虫歯や歯周病を見つける事が出来、早期治療を行えます。
つまり3〜6ヶ月に1度、定期検診に通う掛かりつけの歯科医院の存在が
歯の健康には欠かす事が出来ないというわけです。

 

ではどうやって選べばいいのでしょうか?
通いやすさなのか、治療の内容なのか、
医師の人柄なのか、料金なのか、治療で痛くない事なのか。
何に重点を置くかは人によって異なるので、
まずは重点を置くポイントを明確にしてから選ぶといいでしょう。

 

逆に選んだら行けないポイントは、
予約の時の電話対応が悪いところです。
基本的に歯科医院は個人経営のところが多いので、
院長の方針がスタッフに浸透していると考えます。
つまり電話対応が悪いとはスタッフの教育がしっかり行われていないという事ですから、
病院自体の経営方針が問われます。
また医師がコミュニケーションを取らないところも選んではいけません。
医師とは治療の腕がよければ、
コミュニケーションは必要ないというわけではありません。
治療方針について説明し、患者の意志や希望を聞いて、
コミュニケーションをとる必要があります。
そうしなければ、医師が良かれと思ってした治療が、
患者な望んでいないという事も多々あるものです。
駒沢大学付近の歯科ならTeoデンタルオフィスが人気です。


ホーム RSS購読 サイトマップ